Event is FINISHED

<人気シェフ調理による希少な極上牛食べ比べ!>RiCEの学校 第1講 牛肉の現在と未来

Description

<人気シェフ調理による希少な極上牛食べ比べ!>

RiCEの学校 第1講 牛肉の現在と未来

2/16日(土)に、フードカルチャーマガジン「RiCE」が主催する新しいイベント「RiCEの学校」がスタートします。

食にまつわるゲストを毎回講師としてお招きし、授業+実食形式でフードカルチャーの現在を掘り下げていく予定です。

第1回目の講義には、「RiCE」最新号「牛肉の未来」特集にてキュレーターを務めた山本謙治氏が登場。RiCE編集長の稲田浩と特集を振り返りながらご馳走の代名詞である牛肉の現状と展望について語り合います。

トーク終了後には、日本全国を飛び回る山本謙治氏がセレクトした希少な極上牛肉 (いわて短角牛、土佐あかうし、オージービーフのオーガニック) の食べ比べを体験していただきます。お一人様最低でも150gはいきわたるよう調整しておりますので、きっとご満足いただけるかと。もし5000円を高いと思った方は牛肉の原価を考えると破格に安いのがわかるはず。調理には、「UB1 TABLE」のプロデューサーにして「RiCE」の編集アドバイザーでもある森枝幹シェフが特別に腕を振るいます。


RiCEの学校は今後も定期的にシリーズ化の予定。記念すべき第一回は2/16日(土)開講です!奮ってご参加ください。

会場は、ユナイテッド株式会社が運営する社員食堂レストラン兼多目的スペース・渋谷「UB1 TABLE」。

<主催者情報>

日本の食文化を国内外に発信する
フードカルチャー&ライフスタイルメディア『RiCE』すでに欧米ではハイクオリティーなフードカルチャーマガジンが次々と創刊され人気を博している中、どの国にも負けない食文化を誇りそこに対応するカルチャー/ライフスタイルが広がる日本から世界に発信する雑誌『RiCE』が2016年10月に創刊。『RiCE』はもちろん日本の主食、ご飯文化を指しますが、小文字「i」(アイ)が示す通り日本のアイデンティティーであり、大切に守りながら世界に発信する日本の食文化(フードカルチャー&ライフスタイル)象徴します。ごはん(ライス=フード)が大好きなfoodiesに向けたライフスタイルメディアです。

<出演者プロフイール>

山本謙治
農畜産物流通コンサルタント、農と食のジャーナリスト。野村総合研究所、青果流通のシフラを経て、2004年グッドテーブルズを設立。ブログ「やまけんの出張食い倒れ日記」https://www.yamaken.org を運営。著書に『激安食品の落とし穴』『完全理解 熟成バイブル』『炎の牛肉教室』など多数。

(左)山本謙治、(右)稲田浩


森枝幹
辻料理師専門学校を卒業後、シドニーの和風フレンチレストラン「Tetsuya's」、表参道の割烹「湖月」、マンダリンオリエンタルホテル内の分子調理レストラン「タパスモラキュラーバー」にて修行を重ねる。2014年より、現在の「Salmon & Trout」を開業、同店のシェフを務めながら、新宿ゴールデン街のレモンサワー専門店「The OPEN BOOK」のプロデュースを行うなど幅広く活躍。


稲田浩

「RiCE」「RiCE.press」編集長。ライスプレス代表。2004年ファッションカルチャー誌「EYESCREAM」を創刊。2016年4月、12周年記念号をもって編集長を退任、ライスプレス株式会社を設立。同年10月にフードカルチャー誌「RiCE」を創刊。2018年1月よりウェブメディア「RiCE.press」をロンチ。


<開催概要>
日程:2/16(土)15:00~17:00(14:30開場)
講師:山本謙治[株式会社グッドテーブルズ]、森枝幹[Salmon&Trout]
司会:稲田浩(RiCE編集長)
場所:UB1 TABLE (東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル B1F)
入場料:5000円
主催:ライスプレス株式会社


<お問い合わせ>
イベントについてのお問い合わせは、ライスプレスinfo@rice.pressまで

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#409254 2019-02-13 08:45:54
More updates
Sat Feb 16, 2019
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
UB1 TABLE
Tickets
参加チケット(牛肉食べ比べ付き) SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都渋谷区渋谷1-2-5 Japan
Organizer
ライスプレス
68 Followers